音大・音高受験コース 音楽理論・ソルフージュ

音大・音高受験コース音楽理論・ソルフージュ

楽典の本

音楽高等学校、音楽大学、宝塚音楽学校の受験を目指す方へ。レベルに合わせて個人レッスンが可能です。

各科目に当てる時間配分は、生徒の上達度に応じてその都度決めることができます。

月に通う回数、一度に行うレッスン時間は自由に決められます。(オンラインでの受験相談も受け付けております。)

音楽高校・音楽大学は年々、専攻も多様化しており受験内容やそのレベルも様々です。
以前は音楽学校と言えば幼い頃からレッスンに通い厳しい競争で選ばれた人が進学する特殊な学校という位置づけが少なからずありました。現在もプロフェッショナルを目指す機関であることに変わりはありませんが、社会が音楽と多種多様に関わるようになり様々な音楽教育、インターネットにはじまるメディアなどと深い関わりのある商業音楽、語学にも長けた音楽家を育成するリベラルアーツなど専攻は多岐に渡ります。

中学や高校の吹奏楽部、管弦楽部、合唱部などで音楽を始めた方でも音楽大学を目指せる可能性は広くなりました。ですが専攻のレッスンだけでなく副科ピアノ、聴音や楽典などの座学、コール・ユーブンゲンや新曲視唱など声楽的な音楽性など広範囲における基礎能力を受験で問われることは今も変わっていません。

音楽大学の入試には当専攻科目以外の受験科目もあります。国語や英語などの一般科目以外にも音楽もあります。国語や英語などの一般科目は高校の授業をしっかりと押さえておけば問題ありませんが、音楽は授業とは異なる問題が出題されます。その対策を行うためにも、早めに志望大学を決定することをお勧め致します。

音楽大学と他の大学と違う所は通常の勉強以外にも楽器の練習を行わなければならないところにあります。しかし、その時間を捻出するのはとても大変なことです。特に現役の高校生であれば高校の勉強もしながら楽器の練習をしなくてはなりません。 楽器の練習をやっている方は分かると思いますが、相当なエネルギーを必要とします。生活を見直して練習時間に当てるなど工夫が必要となります。

音楽が好きで音楽の勉強をしたくて音楽大学を受験するのに、何でこんなに大変な思いをするのだろうと思う方もいるかもしれません。しかし、音楽が人を惹きつける魅力がある様に、受験勉強にだって何かしらの楽しさがあるはずです。受験勉強はその楽しさを見つけた者勝ちです。

ぜひ受験勉強を苦と思わず楽しいものにしてくださいね。

★過去の実績

名古屋芸術大学、宝塚音楽大学、名古屋音楽大学、愛知芸術大学、武蔵野音楽大学、武蔵野音楽大学院 etc...

●ベーシックコース(月額)

1回60分 マンツーマンコース  6,000円(税込:6,600円)

音大・音高受験コース|Gold Voice Training(ゴールドボイストレーニング) (gold-voice.com)